グローバル

〔最初に行う〕会社に新卒の新入社員が入社したらまず行うのが、研修を施して彼らを教育していくことです。
なぜならば、会社で働くにはその会社ごとに必要な知識と技術を持つことが重要だからです。
そのために新しく入社した社員にそれらを教えていくことによって、その会社に必要な人材となるようにします。
〔ステップアップするために必要〕教育を施されるのは新卒の社員だけでなく、これから管理職に昇進しようとしている社員にも施されます。
というのも管理職になると今まで行ってきたことと違う仕事をしなければいけないので、それに対応する訓練が必要なためです。
会社は社員に対してその会社に必要なノウハウを教えて、数年後そして数十年後の会社を支える戦力となるように育てます。

〔研修について〕研修は会社が社員に対して教育を施す場面であり、社員にとっては会社で必要な知識と技術を勉強する場です。
そのため、少しでも多く理解できるように質問をすることは非常に重要で、わからないことはすぐに聞くことが大切です。
〔会社について知ることができる〕研修ではその会社について必要不可欠な知識と技術を学ぶ場面であり、同時にその会社について知る機会にもなります。
今まで表面上でしか知ることができなかった会社について、今まで以上に知ることができるようになります。
〔現場を知ることができる〕小売業のように店舗を置いている会社では、新卒の社員を店舗に配属して現場について学ばせます。
新卒の社員は配属された店舗で働くことによって、現場の様子や働き方や戦略などを知ることができるようになります。